ロゴ

プロから学べる会社マナーの基礎~外部委託の依頼方法~

新入社員研修の重要性

会社に入社すると学生時代とは異なる様々な常識を学ぶ必要があります。ビジネスマナーはもちろん業務知識や付属する専門知識など基礎がないと現場に配属されても訳が分かりません。仕事への筋道を立てるためにも新入社員研修で体系立てて教育することは重要です。

即戦力の人材育成は新入社員研修が必要不可欠

大勢の人

新入社員研修は外部委託できる!

電話の取り方や名刺交換の方法などビジネスマナーの大抵の部分はどこの会社に行ってもほとんど変わりません。そのため、毎年新しい社員が入る度に同じ研修を実施する必要があります。自社で教育する体制を組めないのならば外部に委託してしまいましょう。マナーは当然ですが教えることにも特化した講師から必要な知識を得ることができます。

男女

新入社員研修の専門会社へ依頼するメリット

専門会社には当然マナーのプロがおり、単なる所作だけでなく所作の意味まで理解した人が講師になります。形だけでなくきちんとマナーとして身に着けるには意味までしっかり理解をしたいところです。自社社員から講師を出すとどうしても自分の体験に基づくものに集中しがちですが専門会社へ依頼してしまえば汎用的に様々なケースに対応できる教育ができます。

大勢の人

優良専門会社の選び方

実績の多いところから選ぶのも一手ですがマナーに厳しいとされる業界に教えた経験のある専門会社を選ぶと間違いがありません。デパートやホテルの接客はランクが上がるほどに些細なことにもマナーある行動を求められます。フライトアテンダントは長時間のフライトで苛立ったお客様を逆なでしない独特のルールがあります。業界的なルールまで新入社員研修で厳しく仕込んでおけば後から苦労をせずに済みます。

[PR]
社員旅行の計画を立てよう
少しでも費用を抑えたいなら必見!

新入社員と新人社員の違いとは?

社会人経験があるか

新人社員は学生から社会人になったばかりで上司への報告方法やタスク管理の方法から教える必要があります。学生の常識で動くと失敗をするのできちんと社会人としての自覚を芽生えさせる場になりがちです。

初めての会社に入る

新入社員は必ずしも学生上がりとは限りません。中途入社である程度スキルがあっても会社からすれば新入社員です。ビジネスマナーはわかっているはずなので自社業務に特化したところの教育のみで済みます。

新入社員研修で即戦力を得ることができる!

会社独特の専門知識の教育だけでよければそれほど日数はかかりません。教育内容が細部にわたり、混乱を招くようならある程度は実業務をやりながらの教育でもいいでしょう。仕事のコツをつかんでいる社員がいればすぐに戦力として取り込めます。

新入社員研修を専門会社に依頼する流れ

会場

目的を明確に伝える

依頼する際に研修を受けるメンバーの属性を伝え、どんな目的で研修を受けさせたいのかをきちんと示しておきます。それによって専門会社は提供する研修の粒度を調整してくれます。

内容を調整する

業界や会社の独自ルールがある場合は内容に盛り込んでもらうように依頼しましょう。新入社員を集めてまとめて教育できる機会はたくさんは設けられないので伝えておきたいことは一旦すべて盛り込みましょう。

契約を締結する

研修の契約は成果物のないサービス提供型の契約となることが大半です。売買とは違い、目に見える形でモノが残りません。どこまでの作業をして契約完了とするかは明確にしておきます。

[PR]
インバウンド対策をはじめよう
接客方法をプロに依頼

[PR]
仕事のモチベーションの資格情報
参考にしやすい内容を見てみよう

広告募集中